1. ニジゲンノモリ

  2. ドローン外観

    GRAND CHARIOT北斗七星135°(グランシャリオ北斗七星135°)

  3. オーベルジュ フレンチの森

  4. 禅坊 靖寧 ZEN Wellness SEINEI

  5. 海神人の食卓

    はじまりの島 海神人(アマン)の食卓

  6. 農家レストラン 陽・燦燦

  7. 望楼青海波外観TOP

    Holistic Wellness Hotel 望楼 青海波

  8. HELLO KITTY SHOW BOX

  9. クラフトサーカス外観

    CRAFT CIRCUS

  10. seikaiha

    青海波-SEIKAIHA-

  11. HELLO KITTY SMILE

  12. オーシャンテラス外観

    Ocean Terrace

  13. のじまスコーラ

  14. ミエレザガーデン外観

    miele the garden(ミエレ ザ ガーデン)

  15. ミエレ外観青空

    miele(ミエレ)

×

×

  • ・1泊2日で淡路島に行くけどプランが不安…
  • ・ペットを連れていけるレストランを知りたい
  • ・おすすめのお店は?

なんでもアバターにお話ししてみてくださいね。
淡路島に来る前でも来てからでもお気軽にご利用ください。

アバターに相談

※ご質問は無料です。(AVITA社のAVACOMを使用しています)

受付時間:【平日】10:00~19:00
【土日】10:00~17:00(年末年始を除く)

×

グルメ情報

【インタビュー】海神人の食卓 遠藤博志 総料理長 海賊料理の魅力

海神人の食卓インタビュー

古来から御食国(みけつくに)として皇室や朝廷に豊富な食材を献上し、繁栄してきた淡路島。淡路島が誇る海の幸や山の幸を豪快に調理した海賊料理を提供するレストラン「海神人(アマン)の食卓」。瀬戸内の新鮮な魚を使った海鮮や焼き物、揚げ物を楽しめる1F「宴」、淡路ビーフや由良港の赤うにをはじめ淡路島が誇る高級食材をコースで堪能できる2F「桟敷」。大自然にひっそりと佇む店内は、木のぬくもりを感じる落ち着いた空間でありながら、提灯や太鼓の飾りや豪華な雰囲気は非日常を味わえます。今回は「海神人の食卓」の遠藤博志総料理長から、淡路島ならではの海賊料理の魅力について話を伺いました。

1F 宴
2F 桟敷

和食一筋 名店で培われた経験

ー 料理人を目指されたきっかけを教えてください。

遠藤博志 総料理長(以下、遠藤):自分の先輩が料理人をしていて、先輩の紹介を受けたのがきっかけです。調理の専門学校には通っていません。寿司と和食の道に入って今に至るまで長年続けてきました。
一番初めは福岡の西中洲の「河庄」で修行をしました。西中洲河庄というのは皇居を設計した吉村順三さんが設計した建物で、俗にいう芸能人や政治家などが使う料亭です。なぜそこを選んだかというと、「一流になるには一流の門をたたく、一流の人間は一流の場所にしか存在しない」ということを本で読み、一流の人間が働く場所で働きたいという思いがあったからです。その後、石田三成の参謀である島左近の邸宅を料理屋にした京都の老舗料亭「道楽」で修行を積みました。その後、箱根や熱海のホテルで料理長を歴任し、淡路島には知り合いからの紹介で来るという形になりました。

ー 長年続けてこられた和食の魅力は何でしょうか。

遠藤:料理の中で四季があるのは日本料理だけです。季節を重んじること、料理自体はその人の人間性やすべてが反映されます。和食は他の料理に比べるとその特色が強いと感じるからです。

淡路島の風土と料理へのこだわり

ー 淡路島の土地や食材の魅力はどんなところでしょうか。

遠藤:瀬戸内の魚やたまねぎなどの美味しい野菜が採れる、食べられるのが魅力です。

ー 「海神人の食卓」の料理の特徴やこだわりの部分を教えてください。

遠藤:料理のこだわりは、新鮮な魚や淡路島で採れた野菜をふんだんに使う事が醍醐味です。

ー 海の幸や山の幸を豪快に使った「海賊料理」を売りにしていますが、そもそも「海賊料理」とはどういったものでしょうか。

海神人(アマン)の食卓料理
名物 淡路旨味サバ海賊焼き
名物 淡路鶏山賊焼き 山椒醤油

遠藤:「海賊料理」とは、海で採れた新鮮な魚介類を使い、焼いたりするといった余計な手を加えないシンプルな料理をいいます。

ー 「海神人の食卓」といえば、名物海神人御膳が一番の看板メニューだと思いますが、海神人御膳が生まれた背景を教えてください。

名物 海神人御膳

遠藤:海神人御膳ができたきっかけは、一つのお膳の中にアマンの食卓で食べられるすべてのメニューの中で人気の、天ぷらやお刺身、海賊桶寿司といった品を凝縮した感じで作りました。

ー 豪快な料理でありながらも、盛り付けや器が綺麗で繊細さも感じました。どういうところからインスピレーションを受けましたか。

淡路島海賊盛り 大宴

遠藤:綺麗な盛り付けへのこだわりについては、元々小さい時から美術を専攻していて色彩などを学んできた過程で、料理人になるとなったときに学んできたことが活きているのだと思います。

ー 今までに夏季限定メニューや茶店メニューの提供がありました。今後も季節に合わせたオリジナルメニューを出していこうというお考えですか。

うな重(夏季限定メニュー)

遠藤:はい、もちろんです。今後もクリスマス限定や忘年会メニューといったオリジナルメニューを提供して参ります。

ー 今後どのような店舗を目指していきたいですか。

遠藤:どのようなお店にしていくかというよりかは、海賊料理という特殊なジャンルなので、淡路島でしか食べられない料理を提供していければと思っています。

海神人の食卓(1F宴・2F桟敷)のメニューに関してはこちらの記事で詳しくご紹介しております。ぜひご確認ください。

遠藤博志 プロフィール

1969年7月15日、大阪生まれ。福岡の老舗板前割烹「河庄」、京都の老舗料亭「道楽」で修行を積んだのち、箱根や熱海のホテルで料理長を歴任。17年の間、料理長を務めた。2022年3月「海神人の食卓」オープンの際、立ち上げに携わる。同年4月に総料理長を務め、現在に至る。

海へ抜ける山の上にある和食居酒屋と淡路ビーフの鉄板焼きやすき焼きが食べられる人気店です。1階宴は海賊料理と名付けられた豪快な鳥や魚の丸焼きなどお子様や仲間とわいわい楽しめるお料理が楽しめます。 「宴」をネットから予約する 「桟敷」をネットから予約する

店名 海神人の食卓(あまんのしょくたく)ひょうご旅クーポン対象店
1階「宴(うたげ)」
2階「桟敷(さじき)」
住所 兵庫県淡路市野島常盤1042
アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 淡路I.C.から 車で3分
ジェノバライン(岩屋)から 車で5分
駐車場 建物隣接の第一駐車場約30台分、徒歩4分の場所に第2駐車場もございます。 マイクロバスから大型バスまで駐車が可能です。バスの駐車の際は事前にご相談ください。
電話番号 1階「宴」 0799-70-9089
2階「桟敷」0799-70-9090
営業時間 1階「宴(うたげ)」 平日 11:00~21:00(LO.20:00) 土日祝10:30~21:00(LO.20:00)
2階「桟敷(さじき)」 ランチ11:00~15:00(LO.13:30) ディナー17:00~21:00(LO.19:30)
茶屋 14:00~17:00
ウェブサイト https://amannoshokutaku.jp/
予約ページ「宴」 https://www.tablecheck.com/shops/aman-utage/reserve
予約ページ「桟敷」 https://www.tablecheck.com/shops/aman-sajiki/reserve

海神人の食卓の詳細はこちら

関連記事

パソナグループでお仕事をお探しの方へPASONA DROUP PASONA淡路島観光・法人向けサイト