1. HELLO KITTY APPLE HOUSE

  2. クラフトサーカス外観

    CRAFT CIRCUS(クラフト サーカス)

  3. 海神人の食卓

    はじまりの島 海神人(アマン)の食卓

  4. 望楼青海波外観TOP

    Holistic Wellness Hotel 望楼 青海波

  5. ドローン外観

    GRAND CHARIOT北斗七星135°(グランシャリオ北斗七星135°)

  6. HELLO KITTY SMILE

  7. ミエレ外観青空

    miele

  8. 禅坊靖寧パース

    禅坊 靖寧 ZEN Wellness SEINEI

  9. 淡路シェフガーデン

    Awaji Chef’s Garden

  10. オーベルジュフレンチの森バオバブ外観

    オーベルジュフレンチの森「Grand Baobab」

  11. オーベルジュフレンチの森ラローズ外観

    オーベルジュフレンチの森「La Rose」

  12. オーベルジュフレンチの森プリンスエトワール外観

    オーベルジュフレンチの森「Prince Etoile」

グルメ情報

高級感ある華やかな店内。夕日百選の景色を眺めながら食事を楽しむ「青海波-SEIKAIHA- 海の舎(うみのや)」。

明治時代の華やかさを表現したレストラン「青海波-SEIKAIHA- 海の舎(うみのや)」

淡路島西海岸でクラシックな洋食レストランやケーキやカフェを提供する「青海波-SEIKAIHA- 海の舎(うみのや)」。全面ガラス張りの店内からは、日本の夕日百選に選ばれた播磨灘の景色を眺めることができます。食事は淡路島の豊かな食材を使用した和製洋食で、煌びやかな洋食器に乗せ提供されています。

青海波-SEIKAIHA- 海の舎 入口
青海波-SEIKAIHA- 海の舎  外観

「青海波-SEIKAIHA- 海の舎(うみのや)」では、その美しい眺望や美味しい食事だけでなく、店内の内装にもこだわりを感じることができます。

〜美しいシャンデリアが輝く、明治の華やかさを再現した店内〜

明治時代の迎賓館がイメージされた店内は、店内中央に置かれた天然石や大きな絵画、洋食器に彩られ、重厚感の中にも華やかさが感じられます。

美しいシャンデリアが輝く、明治の華やかさを再現した店内

明治時代にパリから引き継がれたネオバロック様式の特徴がそのまま再現され、淡路島旅行しながらもまるで中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのように錯覚してしまう空間が提供されています。

そんな店内で、ひときわ存在感を放っているのが、高い天井から吊るされたベネチアングラスで造られたカラフルなシャンデリアです。陽の光を浴びながら何色にも輝くそれは、それだけでお店のコンセプトを表現しているといっても過言ではありません。店内の2階から眺めて、細やかな造形を楽しむこともできます。

ベネチアングラスで造られたカラフルなシャンデリア

まるで高級洋食器万博!?世界に名を轟かせる工房の作品がずらり!

ヨーロッパから集められた一級品の洋食器

店内を彩る洋食器についてお話します。店内に飾られた洋食器は、どれもヨーロッパから集められた一級品ばかりです。4つの世界に名を轟かせる工房の作品が展示され、その様子はまさに洋食器の万博です。店内に飾られている洋食器のブランド4つを紹介致します。

1.オーストリアの磁器工房【AUGARTEN(アウガルテン)】

世界最高峰の磁器の1つとされ、初めて磁器によるコーヒーカップを作ったとされる工房としても知られています。それだけあって、芸術の都ウィーンからその歴史と芸術を受け継ぐ企業にのみ与えられる『ウィーン・プロダクツ』の認定を受けています。

2.ハンガリーの磁器工房【HEREND(ヘレンド)】

あのヴィクトリア女王が、1851年のイギリスロンドン万国博覧会でディナーセットをヘレンドに注文したという逸話を残す磁器工房です。その後ヘレンドの作品は、ヨーロッパ貴族の間で最高級ブランドとして名を馳せました。

3.ドイツの磁器工房【NYMPHENBURG(ニンフェンブルグ)】

2500年以上の歴史を誇り、今なお形成から絵付まで全て手作業で行われ、絵の具は昔と同じ処方箋、動力には水車が用いられ、その歴史と世界最高峰の名声を併せ持つ磁器工房です。

4.【MEISSEN(マイセン)】

西洋白磁の頂点と称されるマイセンは、ドイツのマイセン地方で作られる磁器の呼称です。

本来であればヨーロッパを渡り歩いたり、展示会を見に行ったりしないと見れない世界に名を馳せる工房で作られた食器が、店内だけの空間で楽しめるとても贅沢な環境が提供されています。

〜迎賓館の高級感漂う店内で優雅な時間を〜

播磨灘に沈む夕日を見ながら、淡路島の地産地消のグルメを楽しむことができる「青海波-SEIKAIHA- 海の舎(うみのや)」。淡路島観光旅行で美味しいお食事を楽しむことができるお店は沢山ありますが、内装にこれほどのこだわりと高級感を見せるお店は珍しい。淡路島観光で訪れた際は、店内を鮮やかに照らすシャンデリアや、世界が認めた一級品の洋食器など、明治時代の迎賓館が忠実に再現された内装を楽しむ「青海波-SEIKAIHA- 海の舎(うみのや)」をオススメします。

海の舎から眺める播磨灘に沈む夕日
迎賓館が忠実に再現された内装


「青海波-SEIKAIHA- 海の舎(うみのや)」

〒656-1723 兵庫県淡路市野島大川70営業時間
【ランチ】11:00 – 15:00(最終入店 14:00)フード L.O.14:00 / ドリンク L.O.14:30
【カフェ】14:00 – 17:00
【ディナー】17:00 – 21:00(最終入店 19:30)フード L.O.20:00 / ドリンク L.O.20:00
【定休日】木曜日
【電話番号】0799-70-9020
【店舗情報はこちら】https://awajishima-resort.com/shop/uminoya/

関連記事