×

×

  • ・1泊2日で淡路島に行くけどプランが不安…
  • ・ペットを連れていけるレストランを知りたい
  • ・おすすめのお店は?

なんでもアバターにお話ししてみてくださいね。
淡路島に来る前でも来てからでもお気軽にご利用ください。

アバターに相談

※ご質問は無料です。(AVITA社のAVACOMを使用しています)

受付時間:【平日】10:00~19:00
【土日】10:00~17:00(年末年始を除く)

×

グルメ情報

日本の夕陽百選を眺めてディナーが楽しめる洋食レストラン

淡路島には日本の夕陽百選に選ばれた絶景を眺めながら食事を堪能できる洋食レストランがあります。店内からは、瀬戸内海の播磨灘に沈む美しいサンセットの絶景が眺められます。

淡路サンセットラインと呼ばれる海岸沿いにあります。夕日が眺められるドライブコースです。オレンジ色に染まりゆく水平線を眺めながらロマンチックな雰囲気にさせてくれます。

全面ガラス張りの店内で、夕暮れに絶景を眺めながらディナーが楽しめます。ディナーは淡路島の旬の食材を使用した和製洋食となります。煌びやかな洋食器に乗せられて提供されます。

場所は、淡路島西海岸にある劇場&レストラン「青海波」にある洋食レストラン「海の舎」です。美しい景色と美味しい洋食で、至福のひとときを過ごせます。

青海波-SEIKAIHA- 海の舎 入口
青海波-SEIKAIHA- 海の舎  外観

美しいシャンデリアが輝く、明治時代の華やかさを再現した店内

明治時代の迎賓館がイメージされた店内は、店内中央に置かれた天然石や大きな絵画、洋食器に彩られ、重厚感の中にも華やかさが感じられます。

美しいシャンデリアが輝く、明治の華やかさを再現した店内

明治時代にパリから引き継がれたネオバロック様式の特徴がそのまま再現され、淡路島旅行しながらもまるで中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのように錯覚してしまう空間が提供されています。

ひときわ存在感を放っているのが、高い天井から吊るされたベネチアングラスで造られたカラフルなシャンデリアです。陽の光を浴びながら何色にも輝き、それだけでお店のコンセプトを表現しているといっても過言ではありません。店内の2階から眺めて、細やかな造形を楽しむこともできます。

ベネチアングラスで造られたカラフルなシャンデリア

まるで高級洋食器万博!?世界に名を轟かせる工房の作品がずらり!

ヨーロッパから集められた一級品の洋食器

店内を彩る洋食器についてお話します。店内に飾られた洋食器は、どれもヨーロッパから集められた一級品ばかりです。4つの世界に名を轟かせる工房の作品が展示され、その様子はまさに洋食器の万博です。店内に飾られている洋食器のブランド4つを紹介致します。

本来であればヨーロッパを渡り歩いたり、展示会を見に行ったりしないと見れない世界に名を馳せる工房で作られた食器が、店内だけの空間で楽しめるとても贅沢な環境が提供されています。

オーストリアの磁器工房【AUGARTEN(アウガルテン)】

世界最高峰の磁器の1つとされ、初めて磁器によるコーヒーカップを作ったとされる工房としても知られています。それだけあって、芸術の都ウィーンからその歴史と芸術を受け継ぐ企業にのみ与えられる『ウィーン・プロダクツ』の認定を受けています。

ハンガリーの磁器工房【HEREND(ヘレンド)】

あのヴィクトリア女王が、1851年のイギリスロンドン万国博覧会でディナーセットをヘレンドに注文したという逸話を残す磁器工房です。その後ヘレンドの作品は、ヨーロッパ貴族の間で最高級ブランドとして名を馳せました。

ドイツの磁器工房【NYMPHENBURG(ニンフェンブルグ)】

2500年以上の歴史を誇り、今なお形成から絵付まで全て手作業で行われ、絵の具は昔と同じ処方箋、動力には水車が用いられ、その歴史と世界最高峰の名声を併せ持つ磁器工房です。

【MEISSEN(マイセン)】

西洋白磁の頂点と称されるマイセンは、ドイツのマイセン地方で作られる磁器の呼称です。

迎賓館の高級感漂う店内で優雅な時間を

播磨灘に沈む夕日を見ながら、淡路島の地産地消のグルメを楽しむことができます。淡路島の旅行では美味しいお食事を楽しむことができるお店は沢山ありますが、内装にこれほどのこだわりと高級感を見せるお店は非常に珍しいです。

淡路島を訪れた際は、店内を鮮やかに照らすシャンデリアや、世界が認めた一級品の洋食器など、明治時代の迎賓館が忠実に再現された内装を愉しめる「洋食レストラン海の舎」をオススメします。

海の舎から眺める播磨灘に沈む夕日
迎賓館が忠実に再現された内装

レトロな洋館のような雰囲気の和洋食レストランです。目の前に広がる海を見ながら懐かしい上質な洋食を楽しめます。プロの音楽家による生演奏も魅力です。カフェタイムにはフルーツたっぷりのズコットケーキが人気です。 詳細を見てから予約

簡単席のみ予約

店名 青海波 海の舎(うみのや)ひょうご旅クーポン対象店
住所 兵庫県淡路市野島大川70
営業時間 ランチ 11:00-15:00(L.O.14:00)
カフェ 14:00-18:00(L.O.17:00)
ディナー 17:00-21:00(L.O.20:00)
定休日 木曜日
アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 淡路I.C. 車10分 神戸淡路鳴門自動車道 北淡I.C. 車16分
駐車場 有・無料
北側(青の舎側)に10台分と南側(波乗亭側)に40台分の駐車スペースがございます。 マイクロバスから大型バスまで駐車が可能です。バスの駐車の際は事前にご相談くださいませ。
電話番号 0799-70-9020
ウェブサイト https://awaji-seikaiha.com/uminoya/
予約ページ Table Check / 食べログ / 一休レストラン / HOT PEPPERグルメ
メニュー 淡路牛ハンバーグステーキと海老フライ 2,530円・真鯛のポアレ クラリファイドバターと淡路玉ねぎ 2,840円・ 淡路牛欧風ビフカツ 3,960円・ドレス・ド・オムライス 2,420円・青海波 レトロ プリン 970円・果実のズコットケーキ 2,180円 ※メニューは税込みです。

青海波 海の舎の詳細はこちら

 

関連記事

パソナグループでお仕事をお探しの方へPASONA DROUP PASONA淡路島観光・法人向けサイト