1. HELLO KITTY APPLE HOUSE

  2. クラフトサーカス外観

    CRAFT CIRCUS(クラフト サーカス)

  3. 海神人の食卓

    はじまりの島 海神人(アマン)の食卓

  4. 望楼青海波外観TOP

    Holistic Wellness Hotel 望楼 青海波

  5. ドローン外観

    GRAND CHARIOT北斗七星135°(グランシャリオ北斗七星135°)

  6. HELLO KITTY SMILE

  7. ミエレ外観青空

    miele

  8. 禅坊靖寧パース

    禅坊 靖寧 ZEN Wellness SEINEI

  9. 淡路シェフガーデン

    Awaji Chef’s Garden

  10. オーベルジュフレンチの森バオバブ外観

    オーベルジュフレンチの森「Grand Baobab」

  11. オーベルジュフレンチの森ラローズ外観

    オーベルジュフレンチの森「La Rose」

  12. オーベルジュフレンチの森プリンスエトワール外観

    オーベルジュフレンチの森「Prince Etoile」

観光情報

淡路瓦の歴史を知ろう!

淡路瓦は、淡路島で生産される粘土瓦です。三州瓦や石州瓦と並ぶ日本三大瓦の一つとして有名です。屋根材としても優秀とされている淡路瓦ですが、どの様な歴史を辿ってきたのか「淡路瓦」についてご紹介いたします。

淡路瓦とは・・・

淡路瓦は、南あわじ市を中心に製造されており、さかのぼること江戸時代初期、由良成山上を普請した際、播磨瓦の名工清水理兵衛を招き瓦を造らせたのが最初といわれているそうです。いぶし瓦の製造が主で、全国のいぶし瓦シェアは1位を誇っています。淡路瓦といえば、いぶし銀のような深い光沢をもつのが特徴です。また、淡路瓦の原料となる粘土は「なめ土」という粒子の細かい粘土で、いぶし瓦にとても適しています。

淡路瓦の特徴3つ!

1、耐圧性

淡路瓦の耐圧性は、屋根材に課されているJIS規格よりもはるかに高い強度を持っています。寒冷地での積雪やアンテナ工事などによる局地的な荷重にも対応可能です!

2、劣化に強い

酸やアルカリに対する実験でも高い耐力性を発揮し、色褪せや変色しづらい瓦のため、美観が長持ちするのが特徴です。

3、快適な住まい空間

淡路瓦は、防音性と遮熱性が高く住まい空間にも適しているといわれています。直接太陽の光を受ける屋根は表面温度が70℃以上になってしまうことがありますが、遮熱効果が高い淡路瓦を使用すると、外部の温度を室内に影響させることなく、また室内の温度を外に放たないようにしてくれるので、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことが出来ます。さらに、周りの騒音も気になりにくいので快適に生活することが出来ます。

淡路島西海岸にも淡路瓦が!

淡路島西海岸の施設にも淡路瓦があるので、おすすめの施設を紹介します!

青海波 古酒の舎(せいかいは こしゅのや)

淡路島旅行でもお酒を楽しみたい!そんな人におすすめのお店です。
1階は古酒のギフトショップ、2階は海を眺められるレストランです。「古酒」とは、原則10年以上の熟成を経た芳醇な香りと味わいが特に優れた長期熟成ヴィンテージ酒のことを言い、「古酒の舎」では、ソムリエが選んだペアリングメニューと一緒に古酒を楽しむことが出来ます。
そんな古酒の舎の2階には、淡路瓦で作られた大迫力の鬼瓦が飾られています!

国際蚤の市〜Global Market〜

淡路島西海岸に2か所ある「国際蚤の市〜Global Market〜」では、淡路瓦のグッズが売っています!お家でも使えるカワイイ箸置きや淡路島の海を感じられる置物など、お土産にぴったりな商品があります♪

国際蚤の市は、のじまスコーラの1階マルシェの奥と、クラフトサーカスにもあります!世界各国のユニークな雑貨を取り扱ったお店で、ちょっと変わったお土産やお友達へのプレゼントを選ぶのに最適な雑貨屋さんです!

青海波 青の舎(せいかいは あおのや)

青の舎では蚤の市で販売している、淡路瓦の箸置きを使用しています。青の舎は、鮨や天ぷらを中心とした淡路島ならではの和食を楽しめるレストランです。全席海の方を向いているソーシャルディスタンスレストランで、播磨灘の絶景を眺めながらお食事が出来るレストランとして今大注目を浴びています。サンセットの時間には、日本夕陽百選に選ばれた美しい夕陽を眺めることができ、至福のひと時です。

いかがでしたでしょうか。淡路瓦の歴史や魅力を知って、淡路島西海岸をいつもと違った視点で楽しんでみてください♪



関連記事