×

×

  • ・1泊2日で淡路島に行くけどプランが不安…
  • ・ペットを連れていけるレストランを知りたい
  • ・おすすめのお店は?

なんでもアバターにお話ししてみてくださいね。
淡路島に来る前でも来てからでもお気軽にご利用ください。

アバターに相談

※ご質問は無料です。(AVITA社のAVACOMを使用しています)

受付時間:【平日】10:00~19:00
【土日】10:00~17:00(年末年始を除く)

×

観光情報

淡路島サイクリング「アワイチ」でアウトドアを楽しむ

淡路島は、海や山の大自然に囲まれた都会からアクセスのよいスポットとして人気です。サイクリングスポットとしても淡路島を一周する「アワイチ」が人気のアウトドアスポーツです。サイクリング上級者の場合一日で景観を愉しみながら回ることのできる「アワイチ」は完走時の達成感を感じるおすすめのサイクリングコースです。どういった楽しみ方ができるのか、立ち寄りスポットのおすすめなど淡路島の魅力が詰まったサイクリングコース「アワイチ」について詳しくご紹介いたします。淡路島のアウトドアを楽しみたい方は是非挑戦してみてください。

淡路島の気候と風土はサイクリングに最適

淡路島は兵庫県の最南端、四国と本州の間に位置します。淡路島の魅力はさまざまですが、その一つが温暖な気候。瀬戸内海に浮かぶ温暖な島です。大きさは東京23区ほどありますが、人口は100分の1です。淡路島は雨が少なく、夏はからっと、秋冬は温暖という穏やかなお天気が魅力です。
淡路島は、「瀬戸内気候」のため冬でも極端な寒さはなく雪はほとんど降りません。
年平均気温は15度程度となっています。そのため、アウトドアにも最適でサイクリングを楽しむリゾートアイランドとして淡路島を一周する「アワイチ」が人気のコンテンツとなっています。

島の中央部の山地が防風の役割となり、東海岸は海も風も穏やかな日が多いのが特徴です。島の北端と南端は直線距離で約50kmぐらいで、島の外周は200kmほどで海岸線で海を眺めながら国道を気持ちよく走ることができるのでドライブにも人気です。島の中央部には高速道路が走っており、本州から四国まで一気に走り抜けることが可能です。

迫力満点な吊り橋「明石海峡大橋」と四国へ渡るための「鳴門大橋」がかかり、神戸空港からもアクセス約1時間と大変便利な場所にあります。

淡路島は日本夕陽100選に選ばれるほど、サンセットの有名スポットが多くあります。夕暮れ時には自転車を止めて思わずシャッターをきりたくなる景色に出会うことでしょう。

上級者は一日で回ることのできるサイクリングルートとなっており、アウトドア旅行を楽しみながら夕方のサンセットラインから眺める夕陽の絶景を味わうことができます。

淡路島1周サイクリング「アワイチ」

淡路島は周囲約150㎞、適度なアップダウンがあり、淡路島を一周するサイクリングコースです。サイクリストから「アワイチ」と呼ばれ、近年人気が高まっています。サイクリング上級者は、淡路島一周を日帰りで楽しめるルートで大自然と美しい海の景観、淡路島のシンボルでもある明石海峡大橋を眺めながらサイクリングができ満足感を感じることができます。

淡路島サイクリングあわいち

ロードバイク初心者であっても完走はできますが、南部の山岳エリアは、かなりの体力と時間が必要と言われています

しっかり準備して「アワイチ」に挑戦することをお勧めします。また単独でサイクリングを行う場合は時間に余裕をもたせるとよいと思います。計算上、時速20キロで7.5時間ですが、休憩や写真撮影などもいれて、中級者で大体10時間程度のコース。初心者なら、半周して1泊ぐらいのペースがおすすめです。

「アワイチ」に挑戦するのは少し不安な方は、他にも初級者・中級者向け難易度のルートもあるのでそちらに挑戦するのも良いですね。

新登場「アワイチ」のフォトスポットが登場

淡路島の岩屋港の船着き場「ジェノバライン」の側にある絵島をバックに「AWAICHI」モニュメントが。新たに登場しました。アワイチのスタートとゴールの地点として記念撮影しInstagramにアップするのもおすすめです。自分のバイクとともに撮影する方も増え人気のフォトスポットです。淡路島の周りを進むアワイチサイクリングを楽しむシルエットが可愛いので観光スポットとして是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。

「アワイチ」立ち寄りおすすめのアウトドアスポット

慶野松原

慶野松原①

約2.5kmにもづ続く黒松が広がる景勝地です。播磨灘に沈む日本の夕陽100景にも選ばれた絶景を眺めることもでき、晴れた日には小豆島の姿も望むことができます。北には五色浜も続き少しアワイチを楽しむ中で自転車を少し止めて海の側を散策するのも一つの楽しみ方です。また、慶野松原内には日本一のいぶし瓦の淡路瓦で愛を誓う「プロポーズ街道」もあるのでカップルでのサイクリングをされる方にはさらにお楽しみいただけるスポットです。

道の駅 うずしお

南あわじにある人気の道の駅。アワイチの急な坂が多い南あわじで休憩スポットとして必ず立ち寄りたいスポットです。鳴門海峡の渦潮に近い道の駅のため世界三大潮流の景観を眺めることができます。店内では、お土産ショップや玉ねぎのUFOキャッチャー、淡路島玉ねぎにちなんだモニュメントやグッズなどが販売しているスポットです。トイレなども完備されているので小休憩や補給スポットとしてご利用ください。営業時間などは、公式サイト「道の駅うずしお」をご参照ください。

名称道の駅うずしお
住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
公式サイトhttps://eki.uzunokuni.com/

アワイチを楽しむ際に、おすすめの立ち寄り道の駅をまとめた記事もございますのでこちらも参考ページとしてご覧ください。

miele(ミエレ)

アワイチで走るサンセットライン沿いにある飲食店[miele(ミエレ)」全席開放的なオーシャンビューを愉しめる飲食店です。はちみつをメインに扱ったメニューが豊富でサイクリングの疲れを回復させるはちみつレモネードなどが人気です。他にも「淡路島産玉ねぎ」「淡路島産しらす」の乗せ放題サービスが楽しめるピザメニューも。淡路島の潮風を感じながら、アワイチの休憩にお食事を取ってはいかがでしょうか。

店名 miele(ミエレ)ひょうご旅クーポン対象店
住所 兵庫県淡路市野島蟇浦785-9
アクセス 淡路IC~県道31号線(15分)
北淡IC~県道31号線(10分)
高速バスでお越しの場合

① 新神戸・三宮 〜 淡路IC
② 淡路IC 〜 miele (無料シャトルバス)

電車+船でお越しの場合
① JR明石駅 〜 明石港(徒歩10分)
② 明石港 〜 岩屋港(高速船ジェノバライン)
③ 岩屋港 〜 ミエレ(無料シャトルバス)
駐車場 有・無料 30台
満車の時は、ミエレ向かいにあるOceanTerraceの駐車場をご利用いただけます。
電話番号 0799-80-2600
定休日 火曜日
営業時間 平日  10:30~19:00(LO18:00)
土日祝 10:00~19:30(LO18:30)
【冬季営業時間(2023/12/4~2024/2/22)】
土日祝 10:30~19:00(L.O.18:00) 
ペット 同伴不可
ウェブサイト https://www.miele-da-scuola.com/

mieleの詳細はこちら

CRAFT CIRCUS(クラフトサーカス)

2023年4月にリニューアルオープンした「CRAFT CIRCUS(クラフトサーカス)」サイクルスタンドも設置されており、サイクリングを楽しんでいる方にも気軽に足を運んでいただきやすいスポットです。中には、直径40センチにも上る巨大島ピザや淡路島の食材や新鮮な海鮮が楽しめるお店があります。他にも淡路島産地直送の野菜やお土産が並ぶマルシェや、夏に食べたくなるオリジナルジェラートも販売しています。リゾート感溢れるお店の景観とともに記念撮影などお楽しみください。

開放的なテラス席で手ぶらで新鮮な海鮮のバーベキューが楽しめます。他にもパスタやピザなどお子様も大好きなメニューもいっぱい。地元野菜が買えるマルシェもあります。ネットから予約する

店名 CRAFT CIRCUS(クラフト サーカス)ひょうご旅クーポン対象店
住所 〒656-1724 兵庫県淡路市野島平林2-2(平林海水浴場 北)
アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 淡路I.Cから車で15分
  ジェノバライン(岩屋)から 車で10分
駐車場 あり(80台)
営業時間 10:30 - 19:00 (L.O.18:30)
【冬季営業時間(2023/12/4~2024/2/22)】
11:00 - 19:00 (L.O.18:30)
定休日 毎週木曜日(祝日を除く)
※8月は休まず営業
電話番号 0799-82-1855
ウェブサイト https://awajicraftcircus.com/
予約ページ https://www.tablecheck.com/shops/craftcircus/reserve

CRAFT CIRCUSの詳細はこちら

「アワイチ」を楽しむ前に淡路島を知ろう

「アワイチ」を楽しむ前に、淡路島ってどんなところか知っていますか?
淡路島の魅力や楽しみ方についてQ&A形式でお答えしたページをご用意しています。淡路島のサイクリング旅行をより充実させるためにぜひご一読ください。

よくある質問

アワイチの難易度は?

ロードバイク初心者でもアワイチはできます。然し、淡路島南部には難所が4か所ほどありますので、それ相応の体力と時間は必要です。

アワイチの平均時間は?

初心者から中級者で休憩込みの10時間が大体の目安となってきます。この場合の平均時速は15kmです。

アワイチの注意点は?

アワイチの注意点は、洲本市街を抜けて「うずしおクルーズ」で有名な福良港に向かうおよそ50㎞の道のりの中で半分の25㎞を占める「南淡路水仙ライン」が危険だということです。この区間、過酷な山道が存在するだけでなく、コンビニが一つもなく、公衆トイレが2つしかありません。そして、電波が圏外となることもありますので注意しましょう。

アワイチの日程は?

アワイチを1日で行う場合は、10時間かかることを見越した準備が必要です。体力に自信がない方は、一泊二日の予定でアワイチにチャレンジするのをお勧めします。その場合は、淡路島を半周したあたりにある、福良の周辺に宿をとって置くといいでしょう。

関連記事

パソナグループでお仕事をお探しの方へPASONA DROUP PASONA淡路島観光・法人向けサイト