1. HELLO KITTY APPLE HOUSE

  2. クラフトサーカス外観

    CRAFT CIRCUS(クラフト サーカス)

  3. 海神人の食卓

    はじまりの島 海神人(アマン)の食卓

  4. 望楼青海波外観TOP

    Holistic Wellness Hotel 望楼 青海波

  5. ドローン外観

    GRAND CHARIOT北斗七星135°(グランシャリオ北斗七星135°)

  6. HELLO KITTY SMILE

  7. ミエレ外観青空

    miele

  8. 禅坊靖寧パース

    禅坊 靖寧 ZEN Wellness SEINEI

  9. 淡路シェフガーデン

    Awaji Chef’s Garden

  10. オーベルジュフレンチの森バオバブ外観

    オーベルジュフレンチの森「Grand Baobab」

  11. オーベルジュフレンチの森ラローズ外観

    オーベルジュフレンチの森「La Rose」

  12. オーベルジュフレンチの森プリンスエトワール外観

    オーベルジュフレンチの森「Prince Etoile」

グルメ情報

淡路島「オーベルジュ フレンチの森」でワインイベント開催!5大シャトーも登場!

淡路島の森の中にひっそりと佇む3棟の「オーベルジュ フレンチの森」。そこは経験豊富な3人のシェフがそれぞれ趣の異なる個性豊かなフレンチを提供する絶景オーベルジュ(宿泊施設を備えた滞在型レストラン)です。爽やかな初夏の昼下がり、その3棟合同開催による日帰りの特別ワインイベント「ワインの館」に参加しました。

※宿泊だけでなく、食事のみのご利用も可能です。
オーベルジュ フレンチの森詳細はこちら>>

「オーベルジュ フレンチの森」の3棟「La Rose」「Prince Etoile」「Grand Baobab」は、通常それぞれ独立店舗として営業しているレストランですが、本イベントでは3棟合同のため自由に行き来ができ、それぞれの食事とワインのマリアージュを楽しむことができます。

今回は選んだのは、飲み放題のフリーフロープラン。(別途、ワイン3種プランやノンアルコールワインの用意もありました。)

さらに各館ではプレミアムワインが特別に用意されていて、なんとバイザグラスで憧れのあの垂涎ワインを味わうことができました。(杯数限定・追加料金)

もちろんお料理も心ゆくまで満喫。淡路島の旬食材が美しくビュッフェ形式で提供されていました。

最初はいざ!シャンパーニュの館からスタート!

シャンパーニュ、ロゼシャンパーニュ、スプマンテなどバリエーション豊かに取り揃え、専属ソムリエが丁寧な説明とともにワインを注いでくれます。料理も淡路島淡路島産の食材(ビーフ、ポーク、チキン、シーフード、野菜)を使用しワインに合うような味つけに調理され、まるで美しい宝石のように並べられています。かつて淡路島は『御食国』(みけつくに)と呼ばれ、食材の宝庫としてその優れた食材が献上品として用いられてきました。

テラス、お庭、館内と、その時の気分で席を変えながらワインと料理を楽しめます。 さわやかなそよ風が吹くテラス、大自然を満喫できるお庭、非日常を味わえる整えられた館内で素敵なひとときを過ごします。


提供されたワインや料理のご紹介

(白ワイン)

サンセール、スペインのアルバリーニョ、イタリアのゲヴュルツトラミネール、ドイツのリースリング、ナパヴァレーのシャルドネ

(料理)

バーニャカウダ、イチゴとトマトのカプレーゼ、エスカベッシュ、カンパチのカルパッチョ、根セロリとレンズ豆のマリネ、グリーンピースの冷製スープ、海老のタブレサラダ、淡路産イカのマリネ、サーモンのマリネ、等

海に囲まれた淡路島のシーフードが絶品!

(赤ワイン)

ボルドー、ブルゴーニュ、クローズエルミタージュ、トスカーナのサンジョベーゼ、ナパヴァレーのジンファンデル

(料理)

ローストビーフ、ローストポーク、マグレ鴨、テット・ド・フロマージュ、淡路野菜のグリエ、ロックフォール、ゴルゴンゾーラ、カマンベール、等 ※薪焼きの肉が秀逸でした!


トワイライトで提供されたプレミアムワインをご紹介

白ワインのプレミアムワイン フェヴェレのバタールモンラッシェ 特急畑 18

お客様の感想

洋ナシの果実味。温度があがってくると桃のような甘い香りに変化しました。さらにはバニラやはちみつのようなフレーバーも加わりました。何よりもミネラル感たっぷりの余韻が長く続き、幸せになれるワインでした。

赤ワインの館には5大シャトーのプレミアムワインが登場

赤ワインの館のプレミアムワインはなんと5大シャトー。特に案内されていなかったのでこんなワインがあるとは!と絶句されるお客様もいらっしゃいました。

プレミアムワインその1 ポイヤック1級 シャトーラトゥール13

お客様の感想

色はまだまだこれからという若さが感じられましたが、アロマもブーケもさすがラトゥール。5大シャトーの中でも最も長期熟成に向いている男性的なワインと表現されるラトゥールだけあって、20年後にまた会いたいワインです。

プレミアムワインその2 マルゴー1級 シャトーマルゴー17

お客様の感想

フラットボトムのワイングラスに注いでもらい短時間で開かせたら、圧倒的な香りで周囲を驚かせました。シャトーマルゴーらしい黒葡萄のスパイスが効いた芳醇なパワフルさはあまり感じず、どちらかというと円やかな優しさを感じたワインでした。後で調べてみるとメルローを8%ブレンドしていたようです。20年後にはエレガントがぴったりくるワインに育つと思いました。

色の違いは比べてみたらこんなに!美しい鮮やかな赤です。

今回、このワインを楽しまれたお客様にお話を伺うと、以前東京のレストランで飲んだ時は1本40万円だったと仰っておりました。皆様の歓声が聞こえる理由も納得の逸品です。

デセールも充実していました。カヌレ、マカロン、ガトーショコラ、ティラミスなど盛りだくさんで、甘いもの好きな方には嬉しいレパートリーです。

フレンチの森でのスイーツ一例イメージ

テラスイベント『飲んで当てよう格付けクイズ』

ワインを飲んだ後は楽しいイベントも開催されました。ワインを飲んでブラインドで価格を当てるイベントです。お題のワインを飲んで自分が正解と思う方の箱に投票。正解すると抽選で『オーベルジュ フレンチの森』の宿泊券や食事券など豪華賞品が当たります。

なお、今回のお題は2007年のボジョレーでした。ボジョレーは早飲みのイメージがありますが、意外や意外、熟成したものもとても良い印象でした。

淡路島の豊かな自然溢れる環境の中、ワインラバーのかゆいところに手が届く最高のイベントで、お腹も心も大満足でした。三宮からの直通送迎バスもあるため、最初から最後まで安心で快適です!
次回の開催は秋頃を予定しているとのこと。不定期で開催されるのでお見逃しなく!淡路島のお得な情報が満載のicancaの登録はこちらからどうぞ。(無料)

無料会員登録はこちら>>

関連記事