1. HELLO KITTY APPLE HOUSE

  2. クラフトサーカス外観

    CRAFT CIRCUS(クラフト サーカス)

  3. 海神人の食卓

    はじまりの島 海神人(アマン)の食卓

  4. 望楼青海波外観TOP

    Holistic Wellness Hotel 望楼 青海波

  5. ドローン外観

    GRAND CHARIOT北斗七星135°(グランシャリオ北斗七星135°)

  6. HELLO KITTY SMILE

  7. ミエレ外観青空

    miele

  8. 禅坊靖寧パース

    禅坊 靖寧 ZEN Wellness SEINEI

  9. 淡路シェフガーデン

    Awaji Chef’s Garden

  10. オーベルジュフレンチの森バオバブ外観

    オーベルジュフレンチの森「Grand Baobab」

  11. オーベルジュフレンチの森ラローズ外観

    オーベルジュフレンチの森「La Rose」

  12. オーベルジュフレンチの森プリンスエトワール外観

    オーベルジュフレンチの森「Prince Etoile」

グルメ情報 観光情報

車なしでも楽しい!バスで行く淡路島観光2022 

明石海峡大橋

淡路島は、瀬戸内海最大の離島となり、本州とは明石海峡大橋で結ばれています。バスのルートや本数が増えたので、車がない方でもバスを利用して観光することが可能です。本日は、淡路島の観光に便利なバスの2022年5月現在の最新情報をご紹介します。

先ずは、高速バスを利用して淡路島へ

先ず、本州から淡路島への移動は、高速バスが便利♪
代表的な運行バス会社は3つ。①神戸三宮・学園都市駅・大阪阪急三番街から行く「淡路交通」、神戸三宮・舞子からは「神姫バス」、JR新神戸駅・神戸三宮・舞子駅からは「本四海峡バス」が便利です。
詳しくは、下記の公式サイトをご確認ください。

高速バスと淡路島内のバスがセットで乗り放題「バス旅ひょうご」

①北淡路エリアバス乗り放題きっぷ 高速バス大磯号

このバスは、神戸三宮・新神戸から淡路島へ行く「高速バス大磯号」と北淡路のエリアを走る淡路市生活観光バス「あわ神あわ姫バス」全線が1日中乗り放題になる1日フリー券です。値段は、大人2,000円、こども1,000円でかなりお得です。

②北淡路バス乗り放題+高速バスかけはし号

神戸空港・新神戸駅・三宮バスターターミナルで乗車できる高速バスかけはし号と北淡路エリアを走る淡路市生活観光バス「あわ神あわ姫バス」全線が2日間乗り放題になる「2日フリー券」です。
料金は、おとな3,500円、こども1,750円
遠方からお越しの方や1泊して2日間ゆっくりと淡路島の旅を満喫したい方にお勧めです。

③大阪発着の北淡路バス乗り放題きっぷ 高速バスかけはし号

大阪方面の方、必見!伊丹空港・大阪駅・JRなんばから乗車して淡路島へ向かう高速バスと北淡路エリアのコミュニティバス「あわ神あわ姫」全線が2日間乗り放題になる切符です。
おとな4,400円、こども2,200円
大阪方面から淡路島まで乗り換えが少なく旅したい方におススメです。


上記高速バスと北淡路エリアバス乗り放題バスの路線図・時刻表などの最新情報は、バス旅ひょうご 公式サイトをご確認下さい。

ニジゲンノモリなどパソナグループ施設を巡る「北淡路周遊バス」

北淡路周遊バスは、淡路市の岩屋港から淡路インターチェンジを経由してパソナグループが運営している施設を巡る無料シャトルバスです。

無料シャトルバス

運行ルート

岩屋港
 ↓
淡路シェフガーデン
 ↓
淡路インターチェンジ
 ↓
ニジゲンノモリA駐車場(ハイウェイオアシス)
 ↓
ニジゲンノモリF駐車場
 ↓
オーベルジュ フレンチの森
 ↓
クラフトサーカス
 ↓
HELLO KITTY SHOW BOX
 ↓
青海波 (波乗亭青の舎海の舎古酒の舎
 ↓
ハローキティ大駐車場
 ↓
HELLO KITTY SMILE

 ↓
miele
miele the gardenOcean Terrace
 ↓
のじまスコーラ

路線・時刻表などの詳細は、こちらの「無料シャトルバス」をご確認ください。

淡路島北部周遊に便利♪淡路島岩屋「バンバン バス」

「バンバン バス」は、「岩屋港」、「道の駅あわじ」、「美湯 松帆の郷」、「淡路島タコステ」、を周遊する無料シャトルバスです。船で岩屋港まで来て、このバスを利用するのに便利です。
時刻表などの詳細は、コチラ

南あわじを巡るシャトルバス

南淡路島観光に便利!「道の駅福良」から、「道の駅うずしお」、「うずの丘大鳴門橋記念館」へ行く無料シャトルバスです。
時刻表などの詳細は、南あわじ公式サイトをご確認ください。

バスで楽しむ淡路島。その利便性を是非感じてください♪

関連記事